西宮市の内科・消化器内科・心療内科|肝炎、肝臓病、糖尿病

亀田内科クリニック

 
TOP»  コラム»  非アルコール性脂肪性肝炎(肝硬変・肝癌にまで進行する脂肪肝)について

非アルコール性脂肪性肝炎(肝硬変・肝癌にまで進行する脂肪肝)について

非アルコール性脂肪性肝炎(肝硬変・肝癌にまで進行する脂肪肝)について、(Non Alcoholic Steato Hepatitis "NASH"と言われています。)10年前まではあまり知られていませんでした。

メタボリック症候群で知られる肥満の人のうち、30~40%に脂肪肝があります。平成18年3月時点で当院の脂肪肝の患者さん40名のうち、超音波検査で15人がNASH疑いと判明。このうち肝生検をして確かめた4人は全員NASHと診断されました。

NASHは単純な脂肪肝と異なり、肝硬変や肝癌にまで進行するため放置できません。合併する肥満や境界糖尿病の治療が必要です。